建物の耐久性を損ねる雨漏り問題~シロアリなどの二次被害も現れる~
価格が異なる業者の検査~無料での目視検査も選べる~
紹介サイトで雨漏り修理業者を見つけられる【ネットでお手軽検索】
自分で安く行なえる!雨漏りを防ぐ効果的な対処方法

窓やサッシに現れる雨漏り問題【いつでも雨漏り修理を請け負う業者】

雨漏りのことは雨漏り修理が得意な専門業者に依頼

雨漏り修理は、屋根修理など高所での作業を行なうこともあります。素人が行なうと転落の危険もあるため、無理をしないで雨漏り修理はプロに任せましょう。

雨漏り修理を取り扱っている業者のサービス



どんな症状でも直してくれますか?
作業員はたくさんの雨漏り修理の経験とノウハウを積んでいます。通常の陸屋根から昔ながらの瓦屋根までさまざまな雨漏り修理に対応できます。
雨漏り修理をしたいのですが、地方からの依頼でも対応してくれますか?
日本全国で雨漏り修理の受付対応をしています。地域ごとに営業所があるため、専門知識を持ったプロが迅速に対応します。
サポート体制について知りたいのですが
雨漏り被害はいつ起こるかわかりません。いつでも雨漏り修理の依頼に対応できるよう、24時間365日いつでも電話対応できるような体制を築いています。

雨漏り修理を施してくれる業者のスタッフは、豊富な経験と高い屋根修理の技術を有しています。日本全国でいつでも依頼ができる体制を築いている業者もあります。気軽に相談してみましょう。

こんな症状が出たら雨漏り修理を依頼

  • チェック1:室内でカビ特有の臭いがする。
  • チェック2:雨が降ると、窓やサッシ周りが濡れていることがある。
  • チェック3:屋根や外壁にヒビ割れ、色あせなどの劣化が見られる。
家と傘

家の中でこれらの症状が見られた場合、速やかに専門家である雨漏り修理業者に依頼しましょう。

窓のサッシから雨漏りする原因~悪化する前に雨漏り修理を~

雨漏りは放置すると住まいに大きなダメージを与えてしまいます。すぐにでも雨漏り修理をすることが重要となります。

窓のサッシから雨漏りする原因

コーキングの劣化
窓枠に使用されているコーキングが劣化することで、コーキングの隙間から雨漏りが発生することがあります。このコーキングとは、窓枠と外壁の間にあるゴム状のものです。紫外線などを10年近い年月浴び続けることで劣化して、ヒビ割れや剥がれなどの症状が現れ、雨漏りを発生させるようになります。劣化したコーキングは雨漏り修理の専門業者に依頼して交換してもらいましょう。
外壁のヒビ
窓枠近くの外壁が劣化しヒビ割れが発生すると、その隙間から雨水が入り込み、サッシ付近から漏れ出てくることがあります。こうした外壁のヒビ割れは必ずしも窓のサッシ近くにあるわけではないので要注意です。また外壁のヒビは外壁工事が必要になるので、専門知識と技術を持ち合わせた専門業者に雨漏り修理を依頼することをオススメします。
換気扇や配管
通常、換気扇や配管には雨水が入り込まないような作りとなっています。しかし、施工不良による問題やコーキングの劣化により、雨水が入り込んでしまうことがあるのです。他にも、台風による暴風雨によって、想定外の角度から雨水が入り込んでしまうことも原因となります。

雨漏りによる被害

住まいにダメージを与える
雨漏りが発生すると、天井や外壁、窓のサッシなどから侵入した雨水が家の建材を劣化させてしまいます。家を支える柱や梁、壁が濡れることで、木材や鉄骨が腐食し、地震などへの耐久性が大きく損なわれてしまうのです。
シロアリを発生させる
シロアリは木材を主なエサとしますが、とりわけ好物なのが「水分を多く含んだ木材」です。雨漏りによって木材腐朽菌などが繁殖している木材は、シロアリの大好きな餌となるため、食害により耐久性を大きく損ねてしまう可能性があります。
ダメージは建物だけではない
雨漏りによって繁殖する生き物は、シロアリだけではありません。湿気を好んで繁殖するカビもまた、家にとって深刻な問題を発生させます。カビが大量に放出する胞子は、アレルギーの元となります。家族に喘息や皮膚炎などの重いハウスシックが現れる可能性があるのです。

まとめ

雨漏りは家の耐久性を損ね、家族にも大きな健康被害が現れるので、注意しましょう。

TOPボタン